ひとりごと

ダメ社会人がぶつぶつ日常をぼやいてるだけ

会えない時間が気持ちを大きくする

もはや錯覚なのかも

ふとした瞬間にあの人のことを思い出すことが増えた。

もうすぐ4回目のあの人のことを好きになった日がやってくる。

 

勤務地が離れているから会える回数が少ない。

この3年で何日会えたの?レベルでしか会えていない。

そうやって思うと、いったい私は何が好きなのか疑問に思ってくる。

ラインするようになったのも最近だし、電話したりするのも最近だし…

 

初めて会った日はあの人が駄々滑りしてシーンとなる会議室で欠伸を噛み殺していた私。

(このときは1ミリも興味がなかった)

 

一緒にいてドキドキしたのはそれから数週間後の歓迎会にあの人が飛び入り参加して色々話せたから。

ちょっとした優しいところにブワっとなりました。

 

でも会えるのは月に1回あるかないか。

飲み会で話したりなんだりが私の楽しみで、乗り気じゃない飲み会にもちゃんと参加したり。

 

あの人の片思いの応援したり、慰めたり。

2人でご飯いったり、電話したり。

 

些細なことが幸せだと思ってしまう。

物理的な距離は恋心をメラメラと燃やす。

冷めるわけない。

 

でも本当になんであの人じゃなきゃダメなのか、不思議でしょうがない。

優しいけど普通にクズだし、ラインの返事遅いし私に興味全くないし。

 

恋に恋してるってこんな感じなのかな。

拗らせすぎ片思い症候群。

社内恋愛なんてできないから諦めるのが正解なのに諦められなくて苦しくなる。

 

優しい言葉なんて欲しくないのに、いつも優しい言葉ばっかりかけてくれる。

好きだなあ、やっぱり好きなんだなあ。

 

4年目の片思いは重い!