読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりごと

ダメ社会人がぶつぶつ言ってます

変わりたいと思うこと

ものにあふれた生活から脱却

昔から捨てられない女でした。

いつか使うかもしれないと様々なものを大切にとっておく典型的なやつで、昔から部屋の中は物で溢れかえっていました。

それは今も変わらずで一人暮らしを始めてもうすぐ1年になりますが、恐ろしくものが多い。

そして汚い。

 

シンプルな暮らしに憧れるけれど、ものを捨てるのは心が痛くなる。

 

このままではいけないことは分かっていて、色々なブログを読んでは実践しようと思いながらも実践できず。

あふれたものを少なくして、あとちゃんと綺麗に片付けられるようになりたい。

 

年度末なので色々と振り返ってみると、知らない田舎な場所で一人暮らしを始めて引きこもり度合いがかなり増して、さらに口煩い母親が近くにいないことがこの荒んだ部屋につながっている。

転勤を承諾した時、ダメな自分自身を変えるチャンスだと思って遠い知らない土地にやってきたのに何も変わってない。

ゴチャゴチャした空間は落ち着くけれど、人は呼べないし1人でいる時間が長くなりすぎる。

(1人が楽なんだけどね)

ゴチャゴチャした部屋に仕事が終わって帰ってきてもドッと疲れるだけなのである。

 

ミニマリストになりたいわけではないけど、すっきりした部屋で1日を終えることができれば心にも余裕ができるかな?と思い始めた。

 

善は急げ!明日は荷物が届いたら買い物へ!

そして本屋に寄る。

新年度を迎える前に準備をしよう。