ひとりごと

ダメ社会人がぶつぶつ日常をぼやいてるだけ

気になりすぎて眠れない

眠れなくなった

友人からのラインでわたしの思考は止まらなくなってしまった。

彼女はとても個性的でよく天然だと言われるそうだが、私は自分の芯がしっかりしている女性だと思っている。

彼女は周囲の人に普通じゃないと言われることを気にしている。

そしてよく普通の人間になりたいと零す。

 

この手の話になると哲学的というかなんというか…普通ってなに?といつも思ってしまう。

 

普通って人によって違うものなんだと思う。

私にとっての普通も彼女にとっての普通もたまたま通りかかった人の普通もみんな違う。

誰一人として同じ経験をすることはできなくて、経験を通して感じることも同じであるわけがない。

 

例えば雨が降っていたとする。

私は雨に濡れるのが嫌だから雨を見るとどんよりした気持ちになる。

でも中には雨が降ることを楽しみにしている人だっている。

雨が降る=気分が沈む

みんながみんなそうじゃない。

 

普通って私も良く言ってしまうけれど、私が思っている普通が普通じゃないことなんてよくあること。

自分自身の普通に囚われている人は、狭い世界で生きている人なのかもしれないとふと思ってしまう。

私もそうだけど…

自分の普通に当てはまらないものがあったときに、これはおかしい!まちがっている!と決めつけて排除しようとする人もいる。

(現にそういう人と色々あったこともある)

 

でもそれってすごく寂しいことなんだと思う。

自分の中の普通を相手に押し付けるのは、相手の素敵な部分を殺してしまう。

普通じゃないの一言で人の人格そのものを否定してしまっている。

もしもその個性が多くの人に迷惑をかけるものであれば直さなければいけないと思うけど、誰の迷惑にもならないでただ自分が気になるだけならどんな考えでいたって行動したってそのことに口を出すのは間違っていると思う。

 

そして普通じゃないと言う人は、その言葉が相手を傷つけていることに気づけていないと思う。

自分自身を否定されて傷つかない人は少ないはず。

そうやって本人に悪気がないけれど確実に相手の心を壊しているんだと思う。

 

自分自身の普通を貫いて何が悪い。

誰かが決めた普通になるなんてごめんです。

特にこれといった個性もないけど、みんなの中に埋もれるのは嫌だ。

 

思考を整理したくて文字にしてみたけどまとまらないまま。

中途半端だけど寝ないと朝から運転しんどいのでここでやめておく。

また機会があったら普通についてダラダラ書き出してみたいなあ。