ひとりごと

ダメ社会人がぶつぶつ日常をぼやいてるだけ

バレンタインに白目

可愛がられる女とは

バレンタインという存在から目を背けてというか、本命(仮)に渡すというイベントが終わっていた私。

はっきり言う見返りが欲しいんだ!!!つまりはそういうこと。

オトコ>>>>オンナ

な、わたしの職場では経済的負担が…

仲の良いおじ様に個人的にあげたりはしていたこともあったが、今年はそれすらやめてしまった私。

 

バレンタイン当日を迎えて何も用意していなかったので慌てて机に隠していた柿ピー(餃子味)を部署の人に配ることを決めた人です。

 

ランチ終わって席に戻ると…

f:id:ngsm819:20170214235835j:image

可愛い年下同期たちからの手作りお菓子が…!

なんと手作りお菓子を配り歩いている上に現場の人用にもお菓子を用意しているとのこと。

ババアは柿ピー(餃子味)を部署の人(8人)に配って満足していたのに、彼女たちは100人いる男性社員全てに用意していただと…

それは愛されるわけです。

 

そんな可愛い彼女達に私はホワイトデーにバスフィズを贈ろうと決めました(気が早い)

 

見返りを求めないなんてできないけど、それができたら結婚できるのかな(^_^)

 

手作りお菓子は美味しくて泣きそうになりました。